ホーム>五ヶ瀬ふれあいの里
 
五ヶ瀬ふれあいの里 五ヶ瀬ふれあいの里

施設案内   ご利用料金   五ヶ瀬の見どころ   アクセス

五ヶ瀬ふれあいの里  1986年より五ヶ瀬町農協(現JA高千穂地区)と宮崎県民生協(現コープみやざき)の野菜を中心とした産直取引が開始され、年々拡大されるに従い産地と消費者との交流が行われるようになりました。
体験農業(田植え、稲刈り)夜神楽など五ヶ瀬町を訪れる機会が多くなったため、宿泊研修施設として五ヶ瀬町、JA高千穂地区、コープみやざきの出資により1991年1月に建設されました。
このふれあいの里は、家族やグループ旅行などの宿泊施設としてだけではなく夏場の避暑地として、また冬のスキー体験など合宿などにも利用できる多目的研修施設です。

 地元の方々に管理組合を作っていただき、大変安い費用で管理していただいています。
そのため、低料金で利用できるようになっております。
利用する側と、管理する側が同じ立場に立って「ふれあいの里」を守っていくために、各々が決められた事を厳守し、協力しながら運営しています。
トップページへ戻る