ホーム>コープみやざきの45年のあゆみ
 
コープみやざきのご案内

コープみやざき45年のあゆみ

 

1973年5月29日、690名の組合員さんが「元気であれ、大きくなれと願いを込めて作る毎日の食事に、体をむしばむ有害添加物が入っているということは、私たち母親、主婦にとって決して許すことはできません。(設立趣意書より抜粋)」との思いで生活協同組合コープみやざきの前身である宮崎市民生活協同組合を設立しました。

2018年3月末現在、組合員は昨年度末より1,928人増えて25万161人、加入率は県内の世帯数の53.2%になりました。共同購入は11支所、店舗は15店舗で事業を展開しています。

組合員さんの声を「聴いて」「生かし」「返す」活動を一つ一つ積み重ね、組合員さんとの信頼(=安心)をつくり続け、「私たちの供給する商品を中心に家族の団らんがはずむことをめざします」をスローガンに、全ての県民の全ての生活分野に役立つ事業を目指しています。組合員さんと役職員とが、組合員さんのくらしにより役立ち続けるという同じ方向を目指して、力を合わせていく組織です。


コープみやざき45年のあゆみ(PDFファイル、1,597KB)

前へもどる