組合員さんの自主的取り組み

産地工場見学

1. 計画をたてます〔遅くとも1ヶ月前までに〕
いつ、どこに、何人位で見学に行くかを決めます。
産地工場見学費用補助申請書を取り寄せます。申請書は支所やお店にあります。
移動の時間や食事の場所など、見学の詳しいスケジュールを決めます。
スケジュールが決まったら、バス会社とバスの定員・集合場所・当日のスケジュール等について予約をします。
生協では、バス料金の8割を補助します。残りの2割と弁当代や飲み物代、有料道路や高速道路の料金などは参加者負担となります。
コープみやざき旅行センターでも申し込むことができます(TEL.0985-28-0568)。料金その他については旅行センターにお問い合わせください。
(旅行センターに申し込まれる時は“産地工場見学”であることをお伝えください。年間契約より若干安くなります。)
昼食を取るか、食べるなら、どこで、どんなものを食べるのかを決めます。
必要な費用をもとに、参加者1人当たりの参加費を決めます。
組合員さんへの見学の案内や、募集の方法を決めます。
組合員さん10人以上が見学に参加することが、産地工場見学の補助の条件です。
見学の内容が決まったら、申込書に必要事項を書き込み、生協に提出します。
メーカーのスケジュール調整の都合がありますので、申請書は遅くとも実施予定日の1ヶ月前には提出するようにしてください。
当日は実行委員会で運営することになります(生協職員は当日参加できません)。

2. 参加者を募集します〔3〜4週間前〕
実行委員会ニュースをつくるときは、次のことを必ず入れましょう。
(1)日時 (2)行き先 (3)集合場所 (4)参加費
(5)お問い合わせ先=実行委員さんの連絡先
(6)発行責任者=○○実行委員会
ニュースの印刷ができますので、お気軽にお申し出ください。紙は生協のものを使うことができます。
案内チラシを配布したり、共同購入トラックにポスターを貼ったり、生協のお店の掲示板等での案内ができますので、地域責任者にお気軽にお申し込みください。
組合員相談室から、取り組みの進みぐあいについて確認のお電話をさしあげます。

3. 当日の準備をします〔1週間前〕
参加者の受け付けや、人数の確認をします。
契約した人数にしたがって、昼食やお弁当を予約します。

4. 終了後は・・・
参考      
【バスの座席数】   (補助席) (費用の目安)
(1)マイクロバス・小型
24(3)
5万円
(2)マイクロバス・中型
33(7)
6万円
(3)大型バス
45(10)
7.5万円
バス会社や時期によって座席数と金額に違いがありますので、上記はあくまで「目安」として参考にしてください。
上記の費用の目安には、消費税・高速代金は含まれていません。

組合員相談室では
いただいた申請書をもとにメーカーや産地と連絡を取り、確認がとれ次第実行委員会に連絡します(申請書到着から10日前後)。後日、文書(「活動費補助決定のお知らせ」「産地工場見学報告書」「しおり」「感想」等も一緒に送ります)でもお知らせします。
都合がつかない場合は、日程の変更をお願いすることがあります。

産地工場見学についてのお問い合わせは・・・
組合員相談室 TEL.0985-32-1234 まで


 

前へもどる